ブログ

常に想像や期待を超えていく会社へ

こんにちは、ツイッター担当です( ´-` )ノ 

この頃色々と考えることがあり、頭を整理するためにブログを書こうと思います。
まとまりのない文章になるかもしれませんが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

広報として活動していく中で、「これを作りたい!」と思い、企画してデザインまでは基本ツイッター担当ひとりで行っているのですが・・・。

こういう紙がいいんじゃないか、加工方法がいいんじゃないか、というのはその都度他のスタッフに相談して決めています。

いくつか候補を出してくれたり、はたまた違う路線を提案してくれたり・・・。
そういう対応をしてもらう度に、もっと自分も色々知識をつけないとなあと思う日々です。

個人的には、色々突っ込んで言ってほしいタイプなので「どっちでもいい」「任せるよ」「それでいいんじゃない?」と言われるのが一番モヤッとしてしまいます。

例えば、この紙とこの紙ならどっちがいいんだろう・・・と悩んだとして、意見を聞くにも「どっちも同じじゃない?」と言われると「違うんだけどなあ・・・」と思い、しょんぼりします。
いっそ「その紙より、こっちの紙の方が良くない?」「いやいや、そっちよりこっちが」という議論をしたい、めんどくさい性格なのです。

仮にデザイン会社とクライアントに置き換えたとして
クライアント:「こういうの作りたいんだけど、どうしたらいいと思う?」
デザイン会社「いいと思います!言っていただければ何でもします!」
みたいな返答だとちょっと困りませんか?

私はまだまだ紙や印刷、加工について知識が浅いので、「なんでも」と言われてしまうと固まってしまいます。
「じゃあこういう紙でこういう加工はどうですか?」とか提案してくれる方が分かりやすいし、「あ、紙はマットな感じよりちょっとツヤツヤしてる方が」とかってイメージを更に具体的に伝えることができます。

制作前のヒアリングをしっかりして、クライアントとの意思疎通ができたら、その後デザインするにも方向性が大きく違って作り直し・・・ということはないと思うのです。

「今日のご飯何にする?」と聞いて「何でもいいよ」と言われて少し萎える、あの感覚に似てませんか?
あそこで「何でもいいよ」じゃなくて「シチューかカレーがいいな」とか選択肢を与えてもらえると「じゃあカレーにしようかな」とスムーズに決まりますよね。

定期的に制作しているチラシであっても、「この季節だからこういう企画を入れてみませんか?」とか「この頃〇〇が流行っているので、その要素を入れてみませんか?」をこちらから提案してみたり・・・。

デザインや印刷会社はクライアントからのご要望があって動きますが、そのご要望ままに作るのではなく、何かそこに+αの提案をしたり、クライアントの立場になって考えたりすることで「あ、次もここにお願いしよう・・・!」と思ってもらえるのではないでしょうか。

有難いことに「プロたんとコラボしたい!」というお声をたくさんいただけるようになりました。
そのキャンペーン企画や賞品にしても、もっともっと知識をつけて「これは・・・!」というものを作り続けていきたいと思います。
(´-`).。oO(いつかマッチャ商品×プロたんのコラボをしたいです!)

さて、長々とお話してしまいましたが・・・
次回は、他企業様とコラボで制作したキャンペーン限定の賞品をいくつかご紹介させていただければと考えております!

これからもツイッター担当とプロたんをあたたかく見守ってくださるとうれしいです!
それではまたお会いしましょう( ´-` )ノ


▼ frel.+PAPERCAMPがひとつとなり、新たにリニューアルいたしました!

コンタクト
お問い合わせはこちら
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました