プログラフの印刷

プログラフの印刷

熟達の技術、抜りの無い品質でプログラフは皆さまの想いを丁寧に表現いたします。

プログラフの主な印刷表現は平版:オフセット(OFFSET)を多用しています。
オフセット(OFFSET)は版に着けたインキを直接紙に転写するのではなく、版からゴムブランケットに移し(OFF)それを紙に転移(SET)させるもので世界中で最も多い印刷方式で、書籍印刷・商業印刷・美術印刷・紙器印刷・クリアパッケージ 等 幅広いジャンルに採用されています。

オフセット印刷

用紙を選びません

用紙を選びません

グロスコート紙・マットコート紙・上質紙・色上質等の一般紙は元より、地合豊かな特殊紙・ファンシーペーパー、フィルム系(アリンダ・タイベック・ユポ・PP・PET)シート、メタル系(フォイル・ホログラム)蒸着紙等に印刷が可能です。
昨今 オフセット印刷に適した各種紙材が開発され、表現力に富んだ特殊紙(ファンシー進取用紙)やフィルムが豊富に流通しイメージの具現化にデザインと印刷の可能性が益々拡がっています。

求めるイメージ表現の再現化に
求めるイメージ表現の再現化に適しています

世界のあらゆるユーザーに多用されているPCアプリケーションやデバイスの殆どがオフセットとのマッチングを念頭に開発されているといっても過言ではありません。
カラープリンタの色材(トナー・インク)はC・M・Y・Kの4色で構成されており、オフセット印刷のポピュラーなカラー再現にC・M・Y・Kの4色インキが使用されるのと同じ所以です。
環境の違いがあっても、オフセットは制作段階と最終刷上り段階のブレ幅が少なく、修正コミュニケーションが図り易い利点を持ち、遠隔地や国外でもスピーディーな対応再現が望めます。
また事前に入念な製版処理(高精細AM・FM)と対応インキ(油性・UV)の選定が必要となりますが、精緻な原稿や画像、美術作品等の色域再現にオフセットは最も適しています

多品種小ロットにも対応
多品種小ロットにも対応

印刷機スペック対応外(用紙種別・紙厚・有効サイズ)とコストパフォーマンスに応じた数量提示を除き、限定的な最小製作数量の制約はありません。
また他の方式より製版コストの負担が比較的軽いことから、校正刷・モック制作のようなリアルな検証が可能です。

オンデマンドサービス

オンデマンド印刷
品質とロット、コストのマッチングを行います

印刷物の品質とロット、コストにより適した印刷方法が変わってきます。
目的や使用用途、デザインによって最適な表現方法をご提案しますのでご希望をお聞かせください。
オンデマンドプリンターやカッティングプロッター、インクジェットプリンターを使用し従来の一般的なオフセット印刷に必要な、 製版工程のカット、打抜加工に必要な抜型不要によりパッケージ、什器etcも短納期、小ロットで作製することが可能です。

※注意点
品質はオフセット印刷と比べると若干劣ります。 オフセット印刷に使用されるインクは液状ですが、 オンデマンド印刷で印刷に用いられるのはトナー(粉末)です。 粉末よりも液体のほうが粒が細かいため、オフセット印刷のほうが緻密でシャープな印刷が可能になり非常に細かいディティールを必要とする印刷や微妙な色合いの再現を必要とする場合、オフセット印刷をおすすめします。
これに比べオンデマンド印刷では、用紙の種類などによっては網点の精細度が落ち、諧調などもうまく表現できない場合があります。 また、広い面積でベタ(同一の色で均一に塗ること)を使用する場合に色ムラが起きやすいです。
印刷・断裁位置の誤差は1.5mmまでを許容範囲とさせていただいております。
品質につきましては、ご要望があれば一度サンプルをご確認いただく事をおすすめいたします。
使用できる用紙に適正、不適正があり、サイズもA3サイズ程度までの印刷になります。
過去にオフセットで印刷したデータをオンデマンドで増刷する場合、印刷方式が異なるため、色、濃さなどが同一の仕上がりにはなりません。
大部数の印刷の場合、オフセット印刷の方が低価格になります。

コンタクト
お問い合わせはこちら
タイトルとURLをコピーしました