ブログ

おいしい東北パッケージデザイン展授賞式に出席しました

こんにちは。
クリエイティブグループの甲野です。

昨年の10月に「おいしい東北パッケージデザイン展」が開催され、
ありがたいことに「小板橋基希賞」をいただきました。
大変光栄に思います。うれしいです!

私が挑戦した「スモッち」という商品は山形県で作られている燻製たまごです。
心がけたことは「スモッち」という柔らかい言葉の響きを感じ取ってもらえる
デザインにすることです。

私は大学時代は空間デザインや建築を主に学んでおりまして、
グラフィックの世界に本格的に足を踏み入れたのはここ1、2年です。
自分自身を経験値も知識もまだまだなド素人だと思っています。
今回のコンペは、少ない経験の中で感じた、
デザインをする上で最も大切(なのではないか)と思っている、
「そのデザインに根拠があるかどうか」をずっと心に置きながら臨みました。
作品の完成度としてはまだまだですが、考え方の方向性は間違えてなかった
ことに自信を持つことができました。

また、今回の授賞式で二つ、印象に残る言葉が聞けました。
ひとつは、優秀賞を受賞した加藤 亜紀さんの受賞のスピーチでおっしゃった、
「グラフィックデザインは生産者の言葉をかたちにするだけではなく、
言葉にできない想いもかたちにする仕事、それに喜びを感じる」

いう言葉です。
ふたつめは、審査員の福島 治先生がおっしゃった、
「それは未来に対して責任が取れるデザインか」という言葉です。
この二つの言葉は今後のデザインをする上での指針にしていけたらと
思っています。

グラフィックデザインは人それぞれの趣味、価値観、思想、嗜好の中で成り立つ、
宇宙のような途方もない分野だと感じます。
でもこの分野で自分なりの居場所を見つけて生きていけたらなと、思い
日々精進します。


▼ プロたんの公式HPはコチラから(壁紙配布中)

▼ かわいい文具からワークショップキットまで販売中!



コンタクト
お問い合わせはこちら
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました